星加ルミ子(元ミュージック・ライフ編集長)

1966年、ビートルズが初めてにして最後の日本公演を行った。その直前、音楽雑誌“ミュージック・ライフ”がビートルズ来日特別記念号を出した。その本も今回展示されるというから嬉しい。

私は当時“ミュージック・ライフ”の編集長をしていたのだが、なんとかファンに夢を与えるものにしたいと知恵を絞って、考え出したのが“ふくろとじ”だった。そのとじた中身は、もしビートルズに会えたら….ということを想定した英会話、コンサートへの心構えなどが書かれていて多くの若者たちの興味をひいた。

この展覧会も、あの時、ふくろとじをあけた瞬間のようなワクワク感を与えてくれるだろう。ビートルズの魅力は色あせることのない比類ない存在なのだから。