イカゲーム黒幕おじいさんで死亡する?伏線であるビー玉ルールに隠された意味とは?

イカゲーム ネタバレ 黒幕 ドラマ
Pocket

今回は、イカゲーム黒幕おじいさんで死亡する?伏線であるビー玉ルールに隠された意味とは?をお届けします。

Netflixで大人気の韓国ドラマ「イカゲーム」。

お金に困った人たちを集めて、高額賞金をかけてゲームをしていくストーリーです。

ゲームに負けた人は殺されてしまうという展開から、「カイジ」に似ているとも話題になっています。

そんな「イカゲーム」の黒幕が№001のおじいさん?との噂があります。

実際はどうなのでしょうか。

さっそくイカゲーム黒幕おじいさんで死亡する?伏線であるビー玉ルールに隠された意味とは?を観ていきましょう。

 

イカゲームネタバレ黒幕結末はおじいさん?

ここからは、ネタバレになります。

すでに「イカゲーム」をご覧になっている方は、ドラマの中でおじいさんが怪しいなと感じている方もいるのではないでしょうか。

おじいさんがもしかして黒幕?と感じる怪しい部分を紹介していきます。

 

おじいさんが怪しい?

おじいさんが黒幕なのでは?といわれているにはいくつ理由があるようです。

・一人ゲームを楽しんでいる

負ければ殺されてしまうという状況の中で、イルナムおじいさんだけ心の底からゲームを楽しんでいました。

他の参加者がパニックになる中、なぜゲームを楽しめたのでしょうか。

・イルナムの番号

イルナムおじいさんの番号は、001番です。

もし、参加順に番号が付けられていたなら、一番最初にゲームに参加したとうことになりますね。

ゲームの黒幕だから、一番最初に参加したとも考えられます。

・イルナムが叫ぶとゲーム終了

第4話でのゲーム途中、イルナムおじいさんが「お願いだ、やめてくれ」と叫ぶと、フロントマンはあっさりゲームを中止しました。

なぜフロントマンはあっさり中止にしたのでしょうか。

黒幕であるおじいさんと繋がっている可能性も十分にありそうです。

・おじいさんのデーターだけない

なぜだか、参加者リストにはイルナムおじいさんだけが載っていませんでした。

参加者リストは002番から始まっています。

ゲームの黒幕だから正体を隠しているのでしょうか。

以上のようにおじいさんには怪しいところがたくさんあります。

 

イカゲーム黒幕は誰?

結論から言うと、イカゲームの黒幕は、001番のオ・イルナムおじいさんでした。

上記で説明したように、おじいさんには怪しい点がいくつかありましたね。

オ・イルナムおじいさんが、なぜこのようなゲームを主催したのでしょうか。

それは「お金を持ちすぎて人生つまらない」というものでした。

なんとも羨ましい悩みですが、人生色々経験したおじいさんだから言える名言も語られています。

「金が全くない者と金がありすぎる者は、共通して人生がつまらない」

なんだか考えさせられる深い名言ですよね。

この名言から考えると、お金がありすぎてつまらない自分と、お金が全くないつまらない人生を歩んでいる者を結びつけるための「イカゲーム」だったのですね。

ゲームに負けた者を殺してしまうのはやり過ぎですが、「イカゲーム」を開催し、スリル満点の勝負を楽しんでいたのでしょう。

 

イカゲーム生き残りでビー玉ルールに隠された伏線とは?

イカゲームの4つ目のゲームは「ビー玉遊び」でした。

このビー玉遊びで、イルナムおじいさんは敗北し、銃で撃たれてしまいます。

黒幕なのに、なぜ自分の死を選んだのでしょうか。

ビー玉ゲームでは、参加者が2人一組になります。

そして、制限時間30分以内に暴力を使わず相手のビー玉を全て奪った人の勝ちです。

ここで、ギフンはイルナムおじいさんとペアを組みます。

ギフンとイルナムおじいさんどちらかしか生き残れないということですね。

イルナムおじいさんは、ストレスで認知症になっていたため、ギフンはイルナムおじいさんを騙してビー玉を奪おうとします。

でも、実は認知症になっているのは演技で、ギフンが自分を騙してビー玉を奪おうとしていたことをわかっていました。

わかっていながらも、これまで親切にしてくれたギフンに感謝を告げ、ビー玉を渡します。

その直後、銃声が響き、イルナムおじいさんは亡くなったと思われていました。

ですが実際は生きていて、最終話で呼吸器をつけたイルナムおじいさんとギフンは再会します。

この再会で、ギフンはイルナムおじいさんがイカゲームの黒幕だったことを知ります。

そしてイルナムおじいさんはギフンにこう伝えます。

「死ぬ前にゲームでスリルを味わいたかった。人間は金があり過ぎてもなさすぎても同じように退屈だ」

たくさんの命を犠牲にしたことにギフンは怒りますが、イルナムおじいさんは最後のゲームを持ちかけます。

「窓から見える倒れたホームレスに12時までに助けが来なければワシの勝ち。助けが来ればお前の勝ちだ」

結果、12時直前に助けが現われ、ギフンが勝利します。

その後、イルナムおじいさんは息を引き取りました。

イルナムおじいさんは黒幕でありながら、不思議な行動がいくつかあります。

  • なぜビー玉ゲームにわざと負けたのか
  • なぜ銃で撃たれたはずなのに助かり、最終話でギフンと再開したのか
  • 最終話でなぜまた自分の命をかけたゲームをしたのか
  • 結果イルナムおじいさんが亡くなった意味は?

現在のところ、真実はわかりません。

ただ、最終話でギフンが次の大会への参加を表明しています。

シーズン2が準備されている可能性が高いでしょう。

上記の疑問は、シーズン2でわかってくるのかも知れません。

>>イカゲームキャスト早見表はこちら

 

まとめ

今回は、イカゲームネタバレ黒幕結末はおじいさん?生き残りでビー玉ルールに隠された伏線とは?をお届けしてきましたがいかがだったでしょうか。

イカゲームの黒幕がおじいさんだったというこが判明しました。

ただ、黒幕にしてはなぜ?と思う行動も多いのです。

最終話では、シーズン2があると匂わせるような終わり方をしているため、今後謎がとけてくるかもしれませんね。

最後まで、イカゲームネタバレ黒幕結末はおじいさん?生き残りでビー玉ルールに隠された伏線とは?をご覧頂きありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました